ごあいさつ

同窓会会長あいさつ

星雲同窓会会長 菅原章夫
星雲同窓会
会長 菅原章夫

 2010年の代議員総会において、貝瀬俊治前会長(3回生)からバトンを受け継いだ10回生の菅原と申します。会長という大役を仰せつかり、誠に光栄でありますが歴史ある本会の運営にあたり責任の重さを痛感しております。これから精一杯努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて、星雲同窓会は創立50周年の節目に、会員20,000名を超える大きな組織となりました。このことは、工大一高で学んだ会員が各界で活躍され、母校の教育が高く評価されている証であると考えます。われわれ同窓生にとって大変力強く勇気がわく思いがいたします。

 本会は同窓生相互の融和と親睦、そして母校発展に寄与することを目的としております。組織は母校に本部を置き、支部は関東支部をはじめ二戸、久慈、三戸、五戸、おいらせ支部となります。特に本部(八戸)と関東支部(東京)において隔年で実施される同窓祭は、毎年趣向を凝らして行われ、恩師を交えての楽しい親睦と交流の場になっております。是非ご参加ください。

 他にも本会は部活動連合OB会や星雲奨学会を組織し、母校および後輩支援に関する活動も行っております。

 会員の皆様には各支部やホームページ等からいろいろな情報を提供してまいります。会員各位のご健勝をお祈りします。